腰部ヘルニアの症例報告

先日、ヘルニアについてのブログを書いたのですが、ヘルニアの患者さんの症例がありますので報告します。

ヘルニアで来院された50代女性

右脚のお尻の辺りからくるぶしにかけて締め付けられるような強い痛みを不定期に感じ、整形外科を受診。
坐骨神経痛と言われて通院したが良くならず、MRI検査を受けるとヘルニアと言われた。
整形外科で腰の牽引や電気療法、痛み止めの薬と湿布薬などをもらい通院を続けていたが、良くなるどころか状態が悪化してきたので当院を受診。

症状 

右臀部からくるぶしにかけての締め付ける痛み。特にくるぶしの周囲が痛く、痛みのせいで何かを握りしめてしまうぐらいの強い痛みを不定期に感じる。
どの姿勢をとっても症状は楽にならず、常に辛い状態。
夜間も痛みが出てくるので睡眠にも影響が出ている。

既往歴
 
特になし

原因

左後方への重心の軸の傾き強く、腰椎の4番目、5番目の変位を中心に身体のバランスが崩れている。

経過

初期は坐骨の位置が不安定なために4回目までは100が一番悪い状態と設定して70前後をいったりきたりしていた。
5回目、6回目と坐骨に安定感が出てきた頃から状態が30~40となり、本人の感覚での症状もかなり楽になってきたとのこと。

8回目で20を切るようになり10回目で症状を感じることがほとんどなくなり、たまにふくらはぎ辺りにだるさは感じるもののすぐに治まる程度。
現在では月1回ペースでメンテナンスとして施術を受けに来てくれている。

1回目~7回目までは週に1回の通院ペースでそこから2週、2週、3週、4週と間隔を空けての来院となった。

総評

今回の患者さんはかなり悪い状態で来院され、しかも体重も平均よりかなり多めで身体への負荷が強いタイプだったこともあり症状の変化が出るまでに少し時間がかかってしまった。

このように辛いのを我慢したりして状態が悪化してからでは、改善に時間がかかるしと間隔を詰めての施術が必要となるケースが多いです。

このようにかなり辛い状態まで悪化しても手術をすることなく改善が可能ですので、手術に踏み切る前に当院に一度相談していただければと思います。

患者様の声 S,N20160907

患者様の声 S,N20160907_0001