脊柱管狭窄症とは

このような症状が出てお困りではないですか?

  • 腰に重さや痛みだけでなく、足にしびれや痛みなどが出ている
  • 歩き出すと足がしびれて歩きにくかったり、歩けなくなる(休憩して前かがみになれば歩けるようになる)
  • 歩ける距離が段々と短くなってきた
  • 階段でよくつまずいて転倒しそうになる
  • 歩いているとよく尿意を催す



上記に当てはまり、年齢が60歳以上の方はいわゆる脊柱管狭窄症の可能性が高いです。


脊柱管狭窄症とは何らかの原因で(当院では体のバランスが崩れた状態が長期間続いた結果だと考えています。)脊髄神経の通り道が狭くなってしまって起こります。


画像の説明


一般的な腰痛や腰部椎間板ヘルニアとはどう違うの?



特徴的なのは間欠性跛行と呼ばれる症状です↓↓↓

はこう2


狭くなった神経の通り道を正常に近づけることで症状が改善するのですが、西洋医学では手術以外は対処療法で決定的な方法が見られないのが現状です。

ただ、手術を受けても必ずしも改善するかといえばそうでもなく、手術後に当院に来院された方もいらっしゃいます。

当院の考える予後としては、体のバランスやゆがみを改善すれば症状は回復に向かっていくのですが、手術後や変形のレベルが強い方は改善率が下がる傾向にあります。

脊柱管狭窄症で悩まれる方は年齢が高い傾向があり、改善に時間や施術回数がかかってしまうケースが多いです。

しかし症状が出てから時間が経てば経つほど改善率も下がりますので、できるだけ早く施術を受けることをおすすめします。


当院の脊柱管狭窄症に対するアプローチ


当院では無痛のバランス整体で患者様の悪くなった体のバランスとゆがみを神経が影響を受けない形に整えてゆきます。

また早期改善と整えた良い状態を持続させるために、自宅で患者様ご自身に行なっていただく簡単な体操を指導します。

特に年齢が高くなればなるほど筋肉や関節の硬さが改善の妨げとなってくるので、自分で体を動かすという作業の重要度が高まります。

はじめからこのような課題をしたくないという方や、改善のためのアドバイスや治療プランを受け入れていただけない方は、施術を受けるのをご遠慮いただいくケースもございますのでご了承ください。

脊柱管狭窄症について詳しくはこちらのサイトもご覧ください

http://kanja.ds-pharma.jp/health/koshimage/qanda_01.html



問い合わせバナー_n - コピー

画像の説明


ふくしま鍼灸整骨院 

大阪府松原市阿保5丁目1-24 ふぁみーゆ松原阿保101

近鉄南大阪線 河内松原駅から徒歩8分

営業時間

平日 10:00~13:00
   15:00~22:00
土・日 9:00~17:00
休業日 火・祝日・不定休

お問い合わせ・ご予約は↓

画像の説明 072-338-0336
今すぐ電話する


s_3_packer_matubara_MAP (1)