「病は気から」←これ、大切です

こんにちは。

年始に今年の目標に「本をたくさん読む!」というのを掲げてみたものの、なかなか読めてません。

速読法を覚えたら読めるんじゃないかと思い速読法の本を買ったけど上手く活用できていません・・・

数をたくさんこなさないと出来ないのですかねー。

誰か速読のコツとか知っている人がいたら教えてください。

さて今日のテーマは「早く治る、良くなるために必要な心構え」です。

痛みや症状のでない良い状態に身体を持っていくのはもちろん治療家の仕事です。

ただ早く治る、痛みの取れやすい身体を作るには治療を受ける人の協力や心構えも必要になってきます。

どのようにすれば早く治りやすい身体になるかというと、「物事をプラスに捉える考え方」と「良くなる、治りたいと思う意思を強く持つ」というメンタルを持つことです。

思いっきり精神論になってしまいますけどね(笑)

「病は気から」とはいうのはまさにその通りで、メンタルの部分が身体の回復を左右していきます。

早期改善には日常生活の身体を悪くする行動を無くしていくことは必要なのですが、その行動を起こせるかどうかもメンタル次第で変わってきます。

経験上では「早く良くなるために自分で出来ることはありますか?」といった質問をしてきたり、悪いところにあまり目を向けず、良くなったところに意識が向いていて言葉として出てくる方は改善率が高い傾向があります。

あと感謝の気持ちが強い方(施術に対してだけではなく)も早く良くなる傾向があるように感じます。

逆にマイナスのところばかり目を向けてしまったり「治してもらう」という依存心が極端に強かったり、施術者を信頼しきれていないような方は改善が進みにくい傾向にあります。

依存してくるのは信頼してくれている表れでもあるのですが、改善したいという意思が自分自身の体に強く向いていないせいか身体の治癒力も上がらないのです。

しかし信頼関係については初対面の人間をいきなり信用しろというほうが無理な話ですよね。

特に今までどこに行っても良くならなかったりしてる方は、治療に対しても不信感が強い人が多くて「本当に良くなるのか?」というオーラが出まくりですから(汗)

不調で長い間苦しんでおられたのですもんね。

どうしてもマイナスなメンタルになってしまうのは仕方のないことです。

しかし改善のためには少しでも気持ちを切り替えて、前向きな気持ちで治療を受けていただいた方が間違いなく良い効果が出てきます。

プラスへ気持ちの切り替えるコツは良くなった時のイメージを強く持つことです。

今まで痛みのせいで出来なかった趣味を楽しんでいる、友達と旅行に行って楽しむ、など何か自分のゴールや目標を作ってイメージをすると前向きになりやすいです。

妄想レベルでもいいと思いますので、たくさんやりたい事や楽しい事が出来るようになるというイメージを持ちながら治療に臨んでください。

それから治してもらうというより、施術者と一緒に身体を治していくという二人三脚の気持ちを持ってもらえると一番いいですね。

信頼関係や前向きな気持ちがあるうえで良い治療を受けると、本当に想定している以上に回復が早くなります。

早く楽になるし、時間もお金も節約できるので良いことづくめですね。

これから治療を受ける人は少しでもそういう心持で受けていただけたらと思います。

当院も皆さんに信頼してもらえるように日々精進してレベルアップに励んでいきますね。

ではでは今日はこのへんで。

画像の説明

コメント


認証コード3080

コメントは管理者の承認後に表示されます。