痛みがないのに肩の手術?

寒い日が続きますね。

今朝の通勤時に生駒山脈を見るとうっすらと雪が積もっていました。

平地では雪がチラチラ降ったぐらいまでですが、今年は積もったりすることがあるんでしょうかね。

雪が積もると子供は喜ぶでしょうけど基本的に大人は困ったことが多いですし、できれば積もってほしくないです。

雪は雪遊びの場だけで十分ですねー。

さて今日の内容ですが、先日すごい話を聞いたのでそれをお伝えしようと思います。

どのような事かというと、結論から言うと患者さんが医者に肩の手術を勧められたのです。

それのどこがすごい話なの?と思いますよね。

手術を勧められるのは別にいいんです。

珍しい話でもないですし、医者も良かれと思って勧めているのだと思います。

しかしその医者はひどいんですよね。

なぜかと言うとその方の肩関節はグルングルン痛みもなく回ります、動きます。

痛みなく普通にボールも投げれそうなぐらいです。

特に機能的に異常がない状態なのです。

それなのに肩の手術を勧めたそうです。

そもそもその患者さんはなぜ医者に行ったかというと、背中(肩甲骨の裏付近)がだる痛くて夜も辛いとのことなので当院への来院の前に行ったそうです。

レントゲンを撮っても異常がなく、次回はMRI検査もすると言われたそうです。

背中の症状なので患者さんも不安でしょうし、念のためにMRI受けてもらうのは良いと思います。

しかしレントゲンを撮った段階で、医者から「手術すればその症状なんか一発で治るわ」と言われたらしいのですよね。

その先生は肩関節専門の先生で外科手術の症例が1000件以上もあるらしくいわゆる「権威のある肩関節専門医」らしいです。

それはそれで凄いのかもしれませんけど、手術ってそんなに安易に勧めて良いものなのでしょうかね?

話を聞いて本当にびっくりしました。

肩の動きに関しては全く問題なく痛みなどの症状もないですし。

まだMRIも撮っていないくてレントゲンだけの判断ですし、しかもレントゲンは異常が無かったらしいです。

仮にMRIを撮って異常があったとしても恐らく関節の問題ではなく他の要因の問題だと思います。

それなのに手術を勧めるってどういう理由なのでしょうかね?

患者さんはさすがに不信に思ったらしく(対応もかなり横柄で流れ作業のようだったらしいです)家族にも相談したら専門的な知識のない家族でも???だったらしいです。

私もさすがに止めましたよ、全力で。

そんな権限などがないのは承知ですし、医者にも考えがあって言ったのかもしれませんが、さすがにこれは普通じゃないような気がします。

最終的に決めるのは本人ですが、現段階では手術する気はないとのことでした。

この「肩の権威の先生」は他の患者さんにもそんな感じで手術を勧めているのでしょうかね。

そんな感じで症例数を増やしていったのでしょうかね。

もう少し状態をしっかり診てから周囲も納得できるような説明と診断を下してから手術を勧めてほしいです。

特に手術となると患者さんには精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。

もう少し患者さんに寄り添って話をしてほしいものです。

この件とは別にもし他の件でも手術を医者から勧められても、慎重に判断することをおすすめします。

最低限の自分が納得いく説明を受けるのと、あと手術によるリスクも考えて決断してほしいです。

リスクとは手術により体のバランスが崩れて自然治癒力が落ちる可能性があるので、手術自体が術後に出てきた他の症状の原因になってしまったり、あと同じ個所が再発すると治りにくくなったり、思っているような改善に至らないとケースがあるということです。

手術に前向きに考えている時も、決める前にセカンドオピニオン(別の先生の意見を聞く)を求めた方が良いと思います。

個人的には手術は最終手段にして、それ以外の改善法を模索してほしいところですけどね。

しかし辛さから逃れるには一番早い手段であるのは確かですので、我慢できない場合は受けてください。

痛みなどは本人しかわからない辛さがありますからね。

本人の意思が一番大切です。

何だか医者に批判的なブログになってしまったようですが、あくまで今回の件のみです。

良い医者もたくさんいらっしゃいます。

患者さんに寄り添ってしっかりと診てくれる医者が増えてくれると嬉しいですけどね。

では今日はこれにて。

手術 素材

コメント


認証コード1754

コメントは管理者の承認後に表示されます。