顎関節症、顎のゆがみについて


最近、何故か顎関節症や顎のゆがみ関係の患者さんの来院が多かったのです。

顎の悩みの人も意外と多いですよね。

色々なパターンがありますけど、顎のゆがみや顎関節症の原因となるパターンを挙げていこうと思います。

まず一つ、歯科の影響によるパターンです。

歯の治療の影響でどうしても咬むのが右ばっかりになるなど噛み方が偏っていてゆがみの問題になるのが一番多いのですが、中には歯の矯正が影響するケースなどもあります。

あまり良くない治療を受けてしまって、それが原因となることもあったりします。

歯科助手の仕事を長年されている患者さんから話を聞きましたが、歯科も技術の差があったりして、技術や知識の乏しい歯科医に当たると不必要な治療をされたり下手すると悪くなってしまうケースもあるようです。

確かにちょくちょくそういったあまり良くない経過をたどる患者さんもいらっしゃいますしね。

歯科で問題を抱えている方は正直、治療がある程度落ち着いてからの施術をおすすめします。

あとは強く噛んだときに顎関節を痛めてしまったり、開口時に脱臼や亜脱臼を起こしてしまった人がその後の処置が悪かったり、上手く整復されてなくて関節の位置関係がずれてしまうケースもあります。

このケースは顎の関節円盤のという軟骨や関節包を押さえている靭帯が伸びてしまっていたり、それぞれの組織が悪くなって機能が低下している可能性があります。

この場合は当院としては組織の機能低下というリスク要因がありますので、改善が難しいこともあります。

ゆがみは整っても顎の開閉に痛みが残る場合もありますし、逆に痛みは改善したもののゆがみが戻りにくかったパターンなどもあります。

状態により個人差が大きいので、そのようなケースは無責任かもしれませんが実際に施術をしてみないと何とも経過がわかりません。

あとは体のゆがみや癖、姿勢の問題などで顎関節症やゆがみに発展するケースです。

これは体のバランスを整えていけば改善が大きく見込めるケースですね。

どのタイプにしろ症状が出始めたり気になってからの期間が長ければ長いほど、改善に時間がかかってしまうので、早めの対応されることをおすすめします。

ふくしま鍼灸整骨院 

大阪府松原市阿保5-1-24 ふぁみーゆ松原阿保101

近鉄南大阪線 河内松原駅から徒歩8分

営業時間

平日 10:00~13:00
   15:00~22:00
土・日 9:00~17:00
休業日 火・祝日・不定休

お問い合わせ・ご予約は↓

画像の説明 072-338-0336


s_3_packer_matubara_MAP (1)

コメント


認証コード4716

コメントは管理者の承認後に表示されます。