妊娠中の坐骨神経痛、逆子でお悩みの方へ

妊娠中で胎児が大きくなってくるとお尻から足にかけて、坐骨神経痛のような症状が出てくる妊婦さんが多いです。

骨盤が広がって神経を刺激しやすくなって出てくる症状ですが、全ての妊婦さんがそのような症状に悩まされるかといえば、そうではありません。

なぜ神経痛が出る人と出ない人がいるかというと、これもゆがみがあるかないかの差なんです。

骨盤は開いていくのですが、ねじれがあると(骨盤の片方が前に倒れてたり後に倒れてたり)神経の通り道が刺激されやすくなり、神経痛として出てくるのです。

こういった骨盤のねじれがある人は、神経痛だけでなく、逆子になってしまうことも多いです。

お腹の赤ちゃんはなぜ逆子になるかというと、骨盤の位置が悪いために居心地のよい体勢が取れず、居心地の良い場所に移動した結果、逆子になるのではないかと考えています。

ですので骨盤の位置を整えてあげれば、自然と赤ちゃんも元の位置に戻っていくわけです。

妊娠中の骨盤矯正は怖いと思う人が多いでしょうけど、当院の骨盤矯正は触れたり軽く揺らしたりするぐらいなので、危険は全くなく安全な治療法です。

坐骨神経痛だけでなく、逆子でのお悩みの方も一度ご相談ください。

ふくしま鍼灸整骨院 

大阪府松原市阿保5-1-24 ふぁみーゆ松原阿保101

近鉄南大阪線 河内松原駅から徒歩8分

営業時間

平日 10:00~13:00
   15:00~22:00
土・日 9:00~17:00
休業日 火・祝日・不定休

お問い合わせ・ご予約は↓

画像の説明 072-338-0336


s_3_packer_matubara_MAP (1)

コメント


認証コード2697

コメントは管理者の承認後に表示されます。